社会福祉法人梅香会について・法人設立の趣旨タイトル画像

 

社会福祉法人梅香会設立の趣旨

理事長重城明男は、岩根地域において、長年救急医療を始めとした地域医療に貢献してまいりました。

しかしながら、高齢者の所謂「社会的入院」が後を断たないため居宅介護支援事業を併設し、医療と福祉の連携を図ってまいりましたが、増え続ける要介護者の対応に限界を感じています。

そこで、社会福祉法人「梅香会」を設立したうえで、特別養護老人ホーム「矢那梅の香園」を設置し、福祉と医療が一体となって良質なサービスの提供をし得る体制の構築を目指して、「誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくり」に貢献したいと考えてきました。

提携医療機関も夜間の医師不在や入院対応もできず、重症になって救急病院に搬送されてくるケースもありましたので、「矢那梅の香園」は医療との連携を更に緊密にし、入所者の健康増進を第一に考えてまいります。


現在の特別養護老人ホームの基準では、医師は常駐しなくてもよいことになっており、入所者が急変した場合でも、提携医療機関が夜間の医師不在などから対応できず、重症になって救急病院に搬送されてくるケースが見受けられました。

そのようなことのないよう、「矢那梅の香園」は医療との連携を更に緊密にし、入所者の健康の維持・増進を第一に考え、運営してまいります。

このページのTOPへ